白髪 原因

白髪の原因

髪は、毛髪は毛髄質、毛皮質、毛表皮の3つの透明な層からできています。この透明な層を通して見えるメラニン色素が、髪の色を決めています。本来白髪であるはずの髪の毛に毛根部分に存在するメラノサイトという色素細胞が、毛髪にメラニン色素(黒色)を与え、毛髪がその黒色を取り込んでいるから黒く見えるように感じるわけです。
このメラノサイトの数が減少したり、メラノサイトの働きが悪くなったり、メラノサイトが急に活動を停止したりして、メラニン色素がなくなると、髪は、本来の白色を呈するようになり、白髪が生えてくるようになるのです。メラノサイトの働きが衰える理由に「遺伝」「加齢」「生活環境」「病気」「ストレス」があげられます。

 

「遺伝」が明らかな白髪の原因なのは確実です。ですが、詳しいことは未だ解明されていないのが現状です。家族が白髪でも、諦めないでください。この中でも最も多いのが「加齢」によるもので、、40歳前後からこのメラニン色素の生産に必要なチロシナーゼという酵素の働きが衰え始め、作られるメラニン色素が減少してしまうために、白髪になっていきます。「生活環境」による白髪は、気温や頭皮の清潔さ加減、保水力の有無、食生活などの生活環境が悪化したり、過剰なダイエットによる場合でも起こりえます。「病気」が白髪の原因になる場合もあります。慢性の胃腸疾患やマラリア、貧血症、甲状腺疾患などの病気が原因で急に白髪が増えることがあります。頭皮が尋常性白斑(皮膚の一部が白くなる病気)になると、その部分の毛髪が白髪になることもあります。円形脱毛症が治ったあとに生えてくる毛が白髪であるケースもあります。

 

「ストレス」が原因で白髪になる場合があります。ストレスと毛髪の関係はとても緊密で、身体にストレスがかかると、毛細血管が収縮してしまうため、毛母細胞の働きが弱まります。この場合、白髪が増えるだけでなく、抜け毛が増えたり、髪が細くなることもあるでしょう。