素手で使える ヘアカラー 安心

素手で使えるヘアカラーなら安心

敏感肌でも大丈夫とされるヘアカラーの特徴として、素手で使えるものが多いです。
市販のジアミン系のヘアカラーなどは、必ず手袋を使い、肌につけないでくださいとの注意書きがあります。
私は敏感肌だから大丈夫と思っている方も、実はこのジアミンの薬剤は、毎回のヘアカラーの際に体内に蓄積されるものです。
酸化染料とアルカリ染料の1剤、酸化剤2剤を混ぜて行うおなじみのヘアカラーには頭斬り有害物質が入っているのです。
たまたま、それに反応しないのが敏感肌ではない方ということですが、何年もこのヘアカラーを使用していると、ある時使えなくなってしまうこともあります。

 

ですから、本来なら敏感肌ではない方もジアミンが入っていないものを使用する方が体には良いのです。
ただ、化学薬剤のジアミンは安価であり、商品価格に対しても安く提供できることで、人気が出ていますが、実は危険な物質なのです。

 

敏感肌に優しいヘアカラーは、基本的に

  • 植物性
  • 化学薬剤は無添加
  • 肌についても安心

なものです。
最近では、海藻やお茶の成分を利用して作られたヘアカラーが人気です。
これは染料として植物の色素を使ったものであり、基本的に肌に刺激を与えないものとされています。

 

添加物に関しては、ジアミン系のヘアカラーの成分表を見るとわかりますが、驚くほどの種類の添加物が入っています。
それも化学薬剤のようなカタカナが並ぶものばかりで、ヘアカラーがいかに添加物出仕上がっているかが理解できます。

素手で使えるヘアカラーなら安心関連ページ

敏感肌のヘアカラー 非ジアミンがベスト
髪を染める上で、ヘアカラーと白髪染めの違いはこのようなことですが、敏感肌の方の場合は、ヘアカラーなどに入って入るジアミンがないものを使用することです。現在市販されているほとんどのヘアカラーや白髪染めにはジアミンが入っています。
ヘアカラーではなくヘアカラートリートメントがオススメ
髪の色を変えたい時に便利なヘアカラーですが、種類は豊富です。その中で、敏感肌やアトピーの方に適しているのが、ヘアカラートリートメントです。これは、もともとトリートメントの機能を主体としたもので、毛髪の傷みに効果的です。これを使うとうっすら色が付く程度のもので、しっかりとして発色はしません。
敏感肌でも安心なヘアカラー
普段化粧品などでかぶれたり、特定のものしか使用できない敏感肌の場合、ヘアカラーの使用も限定されることが多いです。そんな方でも安心とされるヘアカラーをご紹介します。
ヘアカラーと生理の関係
女性のヘアカラーの悩みの一つに、キレイに発色しないことがあります。そして、普段は炎症などが起きないのに、急にかぶれたり、体の変化に驚くことがあります。ここでポイントなのは“女性”です。