敏感肌 ヘアカラー 非ジアミン ベスト

敏感肌のヘアカラー 非ジアミンがベスト

敏感肌の方にとって、ヘアカラーや白髪染めは何でも使えないことがネックとなっています。
良く白髪染めは刺激が強いけれど、ヘアカラーは刺激は弱いとも言われていますが、これは違います。
この2つが大きく違うのは、ブリーチと染毛のバランスです。
良く染まりやすいのは白髪染めであり、ヘアカラーはすぐに色落ちしてしまうのは事実です。
そして、頭皮や髪にダメージが大きいのはヘアカラーの方です。
これは最初に化学反応を起こすブリーチ力が強いからです。

 

ということで、髪を染める上で、ヘアカラーと白髪染めの違いはこのようなことですが、敏感肌の方の場合は、ヘアカラーなどに入って入るジアミンがないものを使用することです。
現在市販されているほとんどのヘアカラーや白髪染めにはジアミンが入っています。
ジアミンは、毛髪に入り込み発色を自由自在にできる薬剤として重宝されていますが、アレルギー反応を起こしやすいのです。
美容院などでも当然使用されているものですから、一度ジアミンでアレルギー反応を起こした場合、二度と使用しないことです。

 

ジアミンを使用したヘアカラーは比較的安価で、商品としても種類が多いです。
まだヘアカラーを試されていない方は、必ずパッチテストを行って、異常が出るかを確認してください。
もともと敏感肌の方は最初から使用しない方が良いかもしれません。

敏感肌のヘアカラー 非ジアミンがベスト関連ページ

ヘアカラーではなくヘアカラートリートメントがオススメ
髪の色を変えたい時に便利なヘアカラーですが、種類は豊富です。その中で、敏感肌やアトピーの方に適しているのが、ヘアカラートリートメントです。これは、もともとトリートメントの機能を主体としたもので、毛髪の傷みに効果的です。これを使うとうっすら色が付く程度のもので、しっかりとして発色はしません。
敏感肌でも安心なヘアカラー
普段化粧品などでかぶれたり、特定のものしか使用できない敏感肌の場合、ヘアカラーの使用も限定されることが多いです。そんな方でも安心とされるヘアカラーをご紹介します。
ヘアカラーと生理の関係
女性のヘアカラーの悩みの一つに、キレイに発色しないことがあります。そして、普段は炎症などが起きないのに、急にかぶれたり、体の変化に驚くことがあります。ここでポイントなのは“女性”です。
素手で使えるヘアカラーなら安心
敏感肌でも大丈夫とされるヘアカラーの特徴として、素手で使えるものが多いです。市販のジアミン系のヘアカラーなどは、必ず手袋を使い、肌につけないでくださいとの注意書きがあります。私は敏感肌だから大丈夫と思っている方も、実はこのジアミンの薬剤は、毎回のヘアカラーの際に体内に蓄積されるものです。