敏感肌 安心 アカラー

敏感肌でも安心なヘアカラー

普段化粧品などでかぶれたり、特定のものしか使用できない敏感肌の場合、ヘアカラーの使用も限定されることが多いです。
そんな方でも安心とされるヘアカラーをご紹介します。

 

ヘナ

ミソハギ科の植物を粉末にしたもので、古代からヘアカラーとして愛用されてきました。
弱い肌にも安心と日本でもあっという間に広がりました。
トリートメントもあり、髪にも優しい植物成分ですが、発色効果は弱いもので、思ったと通りに色が出ない、その時によって発色が違う特徴があります。

 

ノンジアミンカラー

ヘアカラーに含まれるジアミンが、敏感肌にとってはNGですから、ジアミンが入っていないノンジアミンカラーを選びましょう。
カラー薬剤としては、発色し易いのですが、敏感肌の方が使用することで、肌トラブルが起きます。
ノンジアミンカラーはまだ種類も少なく、色も選べないのが悩みどころです。
特徴としては、透明感のある発色になるとの評判で、髪と頭皮に優しいヘアカラーとして注目されている商品です。

 

ハーブヘアカラー

漢方やハーブが主成分のヘアカラーがあります。
科学薬剤を少量使用しているだけですから、敏感肌にも安心です。
白髪染めなどもあり、最近はカラーの種類も多くなっています。
ハーブは、体の抵抗力を強める働きがあり、毛髪や頭皮を元気にしてくれる成分もありますから、傷んだ髪の修復、頭皮の健康にも良い影響を与えるものです。

 

最近は、こうした敏感肌に優しいヘアカラー製品がたくさんあります。
美容師などにも新しい情報などを聞くのも良いですが、ネット通販などで、自分の肌に合うものを探してみてはいかがでしょう?

敏感肌でも安心なヘアカラー関連ページ

敏感肌のヘアカラー 非ジアミンがベスト
髪を染める上で、ヘアカラーと白髪染めの違いはこのようなことですが、敏感肌の方の場合は、ヘアカラーなどに入って入るジアミンがないものを使用することです。現在市販されているほとんどのヘアカラーや白髪染めにはジアミンが入っています。
ヘアカラーではなくヘアカラートリートメントがオススメ
髪の色を変えたい時に便利なヘアカラーですが、種類は豊富です。その中で、敏感肌やアトピーの方に適しているのが、ヘアカラートリートメントです。これは、もともとトリートメントの機能を主体としたもので、毛髪の傷みに効果的です。これを使うとうっすら色が付く程度のもので、しっかりとして発色はしません。
ヘアカラーと生理の関係
女性のヘアカラーの悩みの一つに、キレイに発色しないことがあります。そして、普段は炎症などが起きないのに、急にかぶれたり、体の変化に驚くことがあります。ここでポイントなのは“女性”です。
素手で使えるヘアカラーなら安心
敏感肌でも大丈夫とされるヘアカラーの特徴として、素手で使えるものが多いです。市販のジアミン系のヘアカラーなどは、必ず手袋を使い、肌につけないでくださいとの注意書きがあります。私は敏感肌だから大丈夫と思っている方も、実はこのジアミンの薬剤は、毎回のヘアカラーの際に体内に蓄積されるものです。