30代 女性 白髪 原因

30代女性の白髪の原因

 

「白髪と言えば年寄りの問題だ」と思っている方は多いと思われます。
しかし実際は30代の白髪は増えつつあります。白髪というのは、年齢だけが原因で生えるのではありません。
簡単に白髪のメカニズムを説明すると、白髪となる時というのは、黒髪のもとであるメラニン色素がうまく働かなくなるのが原因で起きます。
普段は髪が生えてくる毛母細胞からメラニン色素が生み出されて、髪の成長とともに黒くなって伸びていきます。しかし、白髪は何らかの原因によりこのメラニン色素が働かなくなってしまい、髪は白いままで伸びていくわけです。
このように白髪が発生する一因として、メラニン色素の働きが滞ることがありますが、その原因のひとつに頭皮の環境悪化が挙げられます。
頭皮の血行が停滞すると、髪の元である毛母細胞に、必要な栄養素が運ばれにくくなります。栄養素が不足するとメラニン色素も活性化しにくくなり、白髪になりやすくなるのです。
白髪の原因のひとつに「遺伝や体質によるもの」がありますが、これは元々頭皮や身体全体の血行が悪い体質や、血行が滞りやすい遺伝要素があると白髪となる原因になります。
もう一つ、白髪の原因として挙げられるのが「精神的なストレス」によるものです。
若い年代であっても、受験や就活などによるストレスなどがあると、自律神経に悪影響を及ぼし髪に栄養が行き渡らなくなり、白髪ができやすい環境となってしまいます。

 

また、仕事や人間関係などのストレスも原因になります。
ストレスがあると、人間の体は常に緊張状態となるため、全身の血行が滞ってきます。
血行の停滞はメラニン色素の不活性化を招き、白髪の原因のひとつになってしまいます。
また20代後半ぐらいから30代にかけて出産など経験される人も多く、その際にホルモンが原因で白髪になる場合もあります。これは子供に栄養を送り出すために、自分の体に栄養が足りなくなり頭皮の栄養が欠如し、白髪の原因となります。
あるいは更年期初期に当たる30代に白髪になる人がいますが、これもこの女性ホルモンが原因です。
30代の後半は、女性ホルモンのピークが過ぎた時期にあたります。
豊かな黒髪を保つのに欠かせない女性ホルモンの分泌量が少しずつ落ちてきます。
女性ホルモンが減ってくると体に作られる血液の量が減るため、血行が悪化し髪の毛にも悪い影響をあたえてしまい、白髪も増えてくるのです。

 

いずれにしても血行のよくない状態が続くと髪にも悪い影響を与えてしまいます。食生活やスカルプケア(頭皮ケア)を見直してできるだけ、髪の毛に限らず血行のよい状態を維持することが肝要です。