敏感肌 ヘアカラー アレルギー

敏感肌ヘアカラー

敏感肌ヘアカラーの関連記事

 

敏感肌のヘアカラーは選ぶのが大変

ヘアカラーは相性が大切です。
現在、ヘアカラーを扱うメーカーは多種多様ですが、何を成分としているかが大きな問題です。
ですから、お決まりの美容院で決まったヘアカラーしか使わない方も多いですが、敏感肌の方にとっては、死活問題といえます。

 

肌のことを考えると、自宅ではなく、美容室で白髪染めをするのがベストです。
染めムラもないですし、キレイに仕上がるばかりでなく、このメーカーは安心という保証もあるからです。

 

しかし、料金が高い、美容院に行くのが面倒、美容師に触られたくないなどの理由から、自宅での髪のヘアカラーや毛染めをするときには、成分には気をつけましょう。

 

とりあえずなんでも良い方は、商品もいろいろ選べます。
色も豊富ですし、1液だけで簡単に染まったり、ムース状などいろいろあります。
それでも、ヘアカラーは髪には良くないものですから、天然成分配合のものが頭皮には安心です。
そして、長い間ヘアカラーや白髪染めを続けていると、突然合わなくなることもあります。

 

その点、敏感肌の場合、なんでも良いことはありません。
特に市販のヘアカラーなどに関しては、なかなか合うものはありません。
大きなドラッグストアなどでは、“一般のヘアカラーが合わない方へ”という商品があります。
種類は少ないのですが、薬剤が低刺激で、アレルギーを起こしにくい成分を使用しているものです。
ただ通常のヘアカラーと比較して、価格が少し高く、すぐに色褪せる特徴があります。

 

敏感肌の方が、普通のヘアカラーを使ってしまうと、頭皮トラブルに合うだけではなく、体調不良を起こしてしまう方もいるのですから、多少不自由なヘアカラーですが、安心なものを使用してください。

 

インターネットショップでも、安心なヘアカラーは多きあり、パッチテストをした上で使用もできるものもありますが、敏感肌の方にとっては、少し勇気のあることです。
成分を良く見た上で、ご確認ください。

 

▲上に戻る

敏感肌に危険なヘアカラーとは?

ヘアカラーの危険性を調べたとき、ジアミンによるアナフィラキシーなどの症状が最近多くなっていることが言われています。
この場合、PPDと言われるパラフェニレンジアミンのことですが、ヘアカラーが合わないというとき、このジアミンの存在がクローズアップされます。

 

ジアミンとは、化学染料です。
発色を促す役割をしていて、発がん性やアレルギー性の皮膚炎を起こす化膿性があります。
微量だとしても、頭皮に与える影響が大きいため、敏感肌の方の場合は、毛染めの中に、ジアミンが入っていないものを使用すると良いでしょう。

 

それでも、非ジアミンの毛染めの中には、合成界面活性剤を使用しているものも多いので、頭皮が弱い方は、注意しましょう。
このような化学染料を使っていないものとして有名なのは、ヘナです。
ヘナにもいろいろな種類があるのと、染めるのに手間がかかります。
そして、敏感肌の方の中には、ヘナにも負けてしまう方もいます。

 

またカラートリートメント、ヘアマニキュアなどは、染めるものでなく、化学染料を含んでいないものが多いです。
この場合、実はあまり長期間色持ちをしないデメリットはありますが、頭皮のことを考えると、ヘアカラーの使い方も考えたほうが良いでしょう。

 

白髪の場合は、どうしても染めなくてはならない状態で。できれば長い時間の維持がほしいところですが、これから先長い付き合いのヘアカラーです。
手間よりも頭皮の健康を考えた使い方と使用されている成分には注意が必要になります。

 

▲上に戻る

利尻ヘアカラートリートメントは敏感肌におすすめできます

敏感肌のヘアカラーは、毛染めに使用されている成分がとても気になります。
美容院で指定のものがあると安心ですが、自宅でも染めたいという方におすすめのヘアカラーがあります。
それは利尻ヘアカラートリートメントです。

 

利尻と言えば、北海道でも北の位置にある島で、利尻昆布が有名です。
昆布・髪ときたら、豊富なミネラルで、しっとりとさせることができるフコイダンが毛髪にとても良いとしても知られていますが、その天然利尻昆布も入っているヘアカラーです。

 

この利尻ヘアカラートリートメントの魅力は、添加物がほとんどない点です。
化学染料で使用されるジアミン、パラベンも入っていないのは当然ですが、ノンシリコン、酸化剤も一切使用していません。
さして、何と言っても妊婦にも授乳中の方にも使えるヘアカラーです。

 

アレルギーを持っている方、アトピー、すぐに頭皮に湿疹などができる方でも使用できる天然成分配合のヘアカラー。
ヘナもNGだった方も利尻ヘアカラートリートメントなら大丈夫だった方も多いです。

 

このヘアカラーは、なかなか染まりにくいという口コミもありますが、乾いた髪につけて、指定時間よりも少し長く置くことがコツなんです。
利尻ヘアカラートリートメントを連れてサランラップで30分おいているという方もいるのです。
化学染料のときに長時間つけておくなんてとんでもないことですが、利尻ヘアカラートリートメントは安心です。
そして、シャンプーをして、乾かした途端、驚きますよ。
髪の重量感が出て、質感が変わるんです。
その仕上がりにはびっくりで、ボリュームも蘇るのです。

 

しかし、あくまでもトリートメントですから、普通の白髪染めと比較をすると色落ちは早いですが、染まるだけではなく、トリートメントも高いので、髪が落ち着きます。

 

しっかりと染めたい方には、ちょっと物足りないと言う口コミもありますから、あくまでも敏感肌の方が、トラブルに合わないよう安心して染めたいという方に最適なのです。
化粧かぶれやアレルギーなどをお持ちの方にもぜひおすすめできる自然派ヘアカラーです。

 

▲上に戻る

超敏感肌も安心?くろめヘアカラートリートメント

敏感肌の中には、化粧品かぶれで使用できる化粧品も少ないし、アレルギーも持っている、アトピーの方も多く、とにかく化粧品や毛染め選びで困っている方が多いです。
そんな方の多くが絶賛するヘアカラーがあります。
サラヴィオ化粧品のくろめヘアカラートリートメントです。

 

くろめは昆布のことです。
フコイダンが豊富で保水力もある希少くろめ昆布を使っていて、トリートメント効果はとても高いのです。
肝心の毛染め効果ですが、トリートメントですから、数日続けて使うことで徐々になりたい色に染まっていく感じです。
ですから、ジアミンなどの染料を使ったときのように、一回で染まるタイプではありません。

 

現在販売されている毛染めの中でも一番刺激がないと言われ、超敏感の方にも頭皮がヒリヒリしない刺激のない商品です。
そして、抗菌・抗酸化作用もあり、紫外線から毛髪を守ってくれる無添加トリートメントです。

 

頭皮ダメージは一度起こしてしまうと、その後が大変です。
通常のヘアカラーはもちろんシャンプーなどでも症状が悪化してしまうことがあります。
普段化粧かぶれなどを起こしやすい方にとっては、ヘアカラー選びは大変です。

 

そして、女性の場合、ホルモンバランスの乱れなどがきっかけになり、突然ヘアカラーの薬剤が合わなくなってしまうこともあるようです。
生理のときのヘアカラーなどは、効果が半減したり、トラブルが起こしやすいので注意してください。
このくろめヘアカラートリートメントは、そんなことはないようで、妊婦も使える安心なヘアカラーです。

 

敏感肌の髪の毛のセルフケアでは、シャンプーと同じくらいヘアカラーも気を使わなくてはならないことです。
ちなみにくろめヘアカラートリートメントはアトピー持ちの研究員が作ったものとして、自分たちが安心して使えるヘアカラーにしたいと開発に携わって痛そうです。

 

▲上に戻る

敏感肌が気になるヘアカラーとヘアカラートリートメントの違い

髪に優しい、天然成分配合というヘアカラーのほとんどが、ヘアカラートリートメントになります。
別名はヘアマニキュアです。
カラーリングの一種ですが、毛染めの工程が違います。

 

ヘアカラーはジアミン系の化学染料を用いて毛髪のキューティクルを大部分破壊して、発色をします。
ヘアカラートリートメントも一部の破壊はしますが、たいていは天然成分で髪を保護して色をつける程度になります。
ですから、トリートメントの場合、毛染め効果が低いと言われています。
一回で満足の色ではなく、数回の使用で色が落ち着き、色落ちも早いのです。

 

美容院などで、ヘアカラーではなく、トリートメントを依頼した場合、料金目安でかなりの差が出るのは、そんな違いからです。
シャンプー後につけるトリートメントは、髪に栄養を与えるものですが、ヘアカラートリートメントにしても、しっかり染めるのではなく、毛髪を保護もしてくれます。

 

ですから、敏感肌の方の場合、頭皮に刺激のないことでもトラブルが少ないのです。
そして、肌に優しいヘアカラートリートメントの多くが、天然成分配合であり、無添加です。

 

デメリットとしてはすぐに色が落ちて料金も高くなってしまいます。
また、好きな色が選べない、種類が少ないのも現状です。
しかし、以前はアレルギーのある方や敏感肌の方はヘアカラーそのものが不可能でしたから、その点から言っても、ヘアカラートリートメントの存在はありがたいことです。

 

敏感肌のヘアカラートリートメント加齢とともに白髪染めをしなくてはならなくなったときには、負担も大きくなってしまいます。
もともと敏感肌ではなかったのに、長年普通のヘアカラーを使っていたのに、急にトラブルが多くなった方もいます。
そして、今後はもう少しヘアカラートリートメントの種類も増えて、もう少しリーズナブルになるといいかなという口コミもよく聞かれます。

 

▲上に戻る

更新履歴